カテゴリ:review( 6 )

2013年 01月 21日
「MOT Annual 2012 風が吹けば桶屋がもうかる」の田村友一郎の作品について
たまたま友人の会田大也くんからtwitter上での田村友一郎くんの作品評のリンクが送られてきて、なんだか僕が感じたこととだいぶ違ったし、その評を読んだうえでの僕らふたりのやりとりがちょっと面白かったので、それを公開してみようかなと思います。

MOT Annual 2012についてはこちら
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/140/

ちなみに、読んだのはこちらのリンクの田村友一郎に関する部分。twitterなのに長い文章を連続でつぶやいてて大変だなあと思いました。
2013年1月13日の投稿だと思うので、現在は遡るのが大変かもしれません。ちなみにtwitterで全部追うのはしんどかったので、僕は田村くんに関する部分しか読んでいないです。風桶展全体に対していっぱい発言されているみたいですね。
https://twitter.com/arazaru

前提として、今回のMOT Annual自体が結局「美術館という場所はどういう場所で、そこで展示をするとはどういうことか」を、問うているのではないかということが根本にあって、田村くんの作品はそれに対するリアクションとしての作品であると考えての以下のテキストです。テキストといってもメールのやりとりの抜粋なのでかなり荒いですが、ご容赦ください。

More
[PR]

by midoriartcenter | 2013-01-21 17:56 | review
2012年 04月 09日
2011年度のMACイベント一覧 / MAC projects' list during 2011 business year
しばらくブログ更新していませんでしたが、2012年度に入ってしまったので振り返る意味も込めて2011年度のMACプロジェクト一覧。なんにもやってないようで色々やってるんだね。びっくりだよ。助成金報告関係でまとめたのでした。さて、レポート書きたいな、そろそろ。

It's the list of MAC's project in 2011 business year.

a)MACでの滞在制作・展覧会・ライブなど | AIR, Exhibition, Live etc.

■堀尾寛太×梅田哲也サウンドパフォーマンス「viewkoma2」
ライブパフォーマンス:2011年5月27日
Kanta Horio & Tetsuya Umeda Viewkoma2
May 27, 2011


■吉濱翔サウンド作品制作&発表:2011年9月19日
Syo Yoshihama sound work
September 19, 2011


■遠藤一郎個展&未来へ号バスツアーin青森 「いっせ~の~~せ!」
滞在製作期間:12月8日〜13日、バスツアー:12月12、13日、
トーク&交流会:12月12日、展覧会:12月12日〜24年1月15日
Ichiro Endo solo exhibition & bus tour “Here we go!”
Residency Period: December 8~December 13, 2011
Bus Tour: December 12 & 13, 2011
Talk & Exchange Party: December 12, 2011
Exhibition: December 12, 2011 - January 15, 2012


■「再考現学_B面展」ACACとゆるやかに連携
再考現学phase3の参加アーティストの様々な制作のキーアーテムを公開するB面展
2012年2月18日 19:00 – 21:00
Re-Modernologio_B-side show (in cooperation with ACAC)
7:00pm~9:00pm, February 18, 2012



b)公開講座(レクチャー、トークなど)| Luctures, Talks etc.

■「Wall Art Festival報告会」出演:淺井裕介、遠藤一郎、おおくにあきこ、おかず、信長、高須賀千江子ほか
2011年6月1日 18:00~21:00
Wall Art Festival Report
6:00pm~9:00pm, June 1, 2011


■「Re Fort PROJECT 5 上映会&下道基行トーク」
2011年7月30日 19:30~21:30
Re Fort PROJECT vol.5 Screening & Motoyuki Shitamichi talk
7:30pm~9:00pm, July 30, 2011


■奥村雄樹アーティストトーク「翻訳と密室」
2011年8月19日 19:30~21:00
Yuki Okumura, Artsit Talk “Translation and Invisibleness”
7:30pm~9:00pm, August 19, 2011


■mamoruトーク「日常のための練習曲について」
2011年9月19日 19:30~21:00
mamoru, Artist Talk "about etude for everyday life"
7:30pm~9:00pm, September 19, 2011


■安岐理加アーティストトーク 「堂々めぐり しるしをみつける / しるしをつける」
2011年11月6日 19:30~21:00
Aki Rika Artist Talk
7:30pm~9:00pm, November 6, 2011


b)個人的に呼んでいただいたイベントなど(覚えているもの)

■映画美学校「映像メディア・キュレーター養成講座」
「シンポジウム:地域発信型メディア芸術スペースを考える」
地域で面白いアートスペースをつくろう、という感じのトーク&ディスカッション。
2011年10月5日 19:00~21:00
立木祥一郎 / 岡田智博 / 服部浩之

■"NOWHERE" Motoyuki Shitamichi, Mamoru Okuno, Tuan Mami
Artist's talk: 19:00~20:30, Friday, 4 November, 2011
venue: Nhasan Studio (address: 462, Duong Buoi, Ba Dinh, Hanoi)
[Speakers]
Motoyuki Shitamichi, Mamoru Okuno, Tuan Mami
Hiroyuki Hattori [Curator, Aomori Contemporary Art Centre (ACAC)]
*With Japanese – Vietnamese interpretation
http://jpf.org.vn/Portals/0/Images/Document/20111020+PR+Nowhere+E.pdf

■伝書鳩プロジェクトvol.2
2012年1月21、22日 10:00~18:00
大阪の中之島4117主催のディスカッションイベント。40名くらいのゲストがプレゼン&トーク。
http://www.homingpigeon.jp/

■snowscapemoere 7 「再生する風景」
アートフォーラム「地域とアートプロジェクトの可能性」
いま、日本各地、世界各地で数多くのアートプロジェクトが展開されています。
その中でも地域に密着したユニークなプログラムを企画、主宰している3名の講演者から活動を聞き、現在のアートシーンの一端を探ります。
日時:2012年2月4日 16:00~19:00
出演:服部 浩之 / Zoe ZHANG Bing / 豊嶋 秀樹
http://www.sapporo-park.or.jp/moere/ssm/2012/

■ワークショップ&レクチャー "DIY Cooking Animation"(でぃーあいわいっちゃ)
あおもりMACの服部浩之さんと、"つくること・見ること・聴くこと・話すこと・食べること"を実践する90分。「おせんべい」を素材にして、ちょっと発想を変えた素敵な料理をつくる。受動的でないポジティブな鑑賞者になるきっかけをつかむためのワークショップ。
2012年3月23日(金)19:00~20:30
講師:服部 浩之さん(あおもりMAC/ACACキュレーター)
会場:MAC(Maemachi Art Center)
持ち物:食材一品ご持参ください(やさい・くだもの・お肉・お魚何でもOK!)マイカップ
主催:ライフ&イートクラブ
協力:Maemachi Art Center (MAC)
http://lifeandeat.posterous.com/diy-cooking-animation-44427
[PR]

by midoriartcenter | 2012-04-09 01:45 | review
2011年 01月 15日
多田友充展_新聞掲載記事02 / an article about TD exhi._02
多田展に関する記事掲載第2弾は同じく東奥日報さんです。こちらは「アートの散歩道」という連載シリーズに寄稿させていただいた僕の展覧会紹介記事になります。この記事を読んで展覧会を見にきてくれたかたもちょくちょくいらっしゃいました。
MACの展覧会は鑑賞が予約制でなかなか入りづらいのかもしれないですが、今回は多くの人にご来場いただきました。ありがとうございます。予約制のいいところは確実に見にきてくれる方ひとりひとりとお話しができるところです。どんなかたがどういうところを楽しみにして見にきてくれたのかを伺うのはいいものです。また、MACのような見にきてくれる方との距離が近い小さなスペースにとってはこういう機会はとても重要なものだと思うのです。

Next post is the exhibition review. It's also published in Touou Nippo. I wrote a review of the show. A couple of people came to see the exhibition because of the article.
To see MAC exhibition, the audiences have to have an appointment. Perhaps it's not easy for people. But at this time, many people visiting us. Thank you. Benefits of appointment viewing is that we can talk directly with our audience. We can hear the motivation of the audience to come to see the show. And we can enjoy the conversation each other. I think it's very important point for this kind of small space like MAC.



ということで、以下掲載記事です。

***************
秋の終わりに色彩の散策を

本格的な冬に入る直前の青森では、少々曇りがちな白い空を背景にもみじや銀杏の木々が赤や黄色の豊かな色彩の葉を散らし、とても絵画的で美しい風景が広がっています。ということで、色彩のお話と絡めてMidori Art Center (以下MAC)にて現在開催中のドローイング展をご紹介します。
MAC は筆者が中心となって古川3丁目のホテル山上さんの一角をお借りして展開しているアートスペースです。変幻自在の小さな場所で、現在は青森学術文化振興財団さんの助成を受けて広島出身のアーティスト多田友充さんを招いての滞在制作展「僕、秋の終わりに豹になる。」を開催中です。多田さんは8月31日の来青以来約2ヶ月間青森市で生活をし、様々な人や物に出会い日々絵を描き、10月23日より制作した作品を公開する展覧会をスタートさせました。胡粉とチタニウムホワイトと膠を水で溶いてつくる白亜地という吸収性の下地塗料を合板の上に塗り、それをヤスリで磨いて鏡面のように仕上げドローイングのための下地を完成させ、その上に何百本もの水彩色鉛筆をもちいて即興的に絵を描いていきます。真っ白な下地の上には彼が青森で出会った様々なモチーフが豊かな色彩で描きつけられています。油絵のようにデッサンを繰り返し何層もの絵の具を塗り重ねていくのではなく、一発勝負で描きあげられていくドローイングの緊張感と繊細な線や色彩の調和は必見です。小さなスペースで常時オープンは難しいため、鑑賞は予約制になっています。鑑賞ご希望の方は、ご希望の日時などを midoriartcenter@gmail.comまでご連絡ください。会期は12月20日まで。
ちなみに新幹線開通に合わせて青森公立大学国際芸術センター青森では12月11日より「あおもり国際版画トリエンナーレ2010」が開催されます。こちらも版画のまち青森らしい素敵な展覧会になることでしょう。あわせて秋の終わりの芸術散策をお楽しみください。

服部浩之(青森公立大学国際芸術センター青森 学芸員 / MAC住人)

a0142511_16385813.jpg

↑2010年11月19日、東奥日報「アートの散歩道」掲載
[PR]

by midoriartcenter | 2011-01-15 16:41 | review
2011年 01月 15日
多田友充展_新聞掲載記事01 / an article about TD exhi._01
昨年の12月20日に終了した多田展のまとめ作業をしています。
まずは東奥日報さんにご取材いただいた記事です。簡単な紹介ですが、よくまとめていただいてありがたいです。ちゃんと展覧会を見にきてくれて、毎回ことばにしてくれている記者の大友さんに感謝です。

I am now collecting the articles about the Tomomitsu TADA exhibition, ended December 20 last year.
I uploaded an article published in the local newspaper Touou Nippou interview. It's brief, but good article. I appreciate for the reporter Ms. Otomo coming to see the show and writing about it.


a0142511_15515985.jpg

↑2010年11月3日、東奥日報文化欄に掲載
[PR]

by midoriartcenter | 2011-01-15 16:10 | review
2011年 01月 07日
『大友良英 アンサンブル ズ2010―共振』レビュー / "Yoshihide Otomo ENSEMBLES 2010" review
青森市文化会館が発行しているABOKという情報誌の仕事で、最近経験して印象に残っていた大友さんのENSEMBLESに関するエッセイを寄稿しました。せっかくなんでブログで紹介してみます。以下原稿です。
I wrote an essay about the exhibition " Yoshihide OTOMO / ENSEMBLES 2010" for the magazine "ABOK" published by Aomori Municipal Hall.

****************

音楽的展覧会という装置がつくる関係性

ここ数年ホワイトキューブと言われるような作品展示を目的とした空間に落とし込む作品にすると、その魅力が薄れてしまう表現をよく目にするが、つい最近その逆で、展示というフォーマットとは一見相性が悪そうにみえて、実際にはすごくしっくりくる音楽の展覧会に遭遇した。

それは、茨城県の水戸芸術館現代美術ギャラリーで11月30日からスタートした『大友良英 アンサンブルズ2010―共振』である。大友良英はターンテーブル奏者やギタリストとして演奏活動をするだけでなく、映画音楽なども手がける作曲家としても精力的に活動する音楽家である。その音楽家の大友良英がこの数年美術家などとのコラボレーションにより展示作品をつくり、美術館などで音の作品を発表するなど、さらにその活動の幅を広げているのだ。水戸では建築家や美術家、照明デザイナーなどとのコラボレーションにより大規模なサウンドインスタレーションを実現させていた。

余談だが、ACACではナデガタ・インスタント・パーティによる《24 OUR TELEVISION》の展覧会オープニング記念ライブに大友さんにご参加いただいたり、今回の水戸での展示にもナデガタの中崎透が参加アーティストとして参加するなどの縁があったりする。また、青森県出身の映画監督横浜聡子による《ウルトラ・ミラク
ル・ラブストーリー》の音楽を大友さんが手がけており、そのラストシーンがACACの森で撮影されていたりというつながりもあったりする。

本題に戻ろう。まず展示室に入ると無数のレコードプレーヤーが一直線に配置されている。本来プレーヤー上にあるべきはずのレコード盤は不在で、そのかわり鉄などの異素材が載せられたり、ちょっとした加工が施されたりしており、プレーヤー自体が音を出す仕組みになっている。その脇には、やはり少しだけ解体・加工されたピアノやドラムなどの打楽器が音を発する装置として設置されている。さらに先へ進むと何百ものポータブルCDプレーヤーが天井から吊り下げられていたり、ある部屋では半分解体されたピアノがひっくり返されて新たな装置として再構築されていたりと、本来は演奏するための楽器そのものが音響装置に転換されている。鑑賞者はその空間を移動すると、それらの音がランダムに重なり奏でる音響空間を体験することができる。大友さんは個々の音を発する装置や空間をコラボレーションする美術家たちと一緒につくり、バンドマスターの如く全体のディレクションをする。展示空間全体がひとつの音楽のアルバムを聞いているような感覚で非常に心地よい。
一方そのすぐ脇では中崎透がアンサンブルズ工作室と称し、ボランティアで関わる工作員たちと大量の使われなくなったカセットテープやレコード盤、産業廃棄物として出された廃物チップやケーブル類などを用いて摩訶不思議な空間を造形し、そこに大友による音を出す装置などが加わり、異色の場も併存していた。

これは音を用いた美術館での展示作品であることは間違いないのだが、大友のスタンスはまさにミュージシャンの演奏そのものなのだ。つまりバンドを編成して楽曲をつくり演奏するが如く、異なったジャンルの表現者たちを招いてひとつながりの音空間をつくりあげているのだ。その空間での体験はまさしく音楽的で、いわゆる美術作品では体験できないような時間の流れや、変化に富んだ空間を体験することができる。タイトルに付された「共振」ということばが本当にしっくりくる場で、音楽家大友良英とその参加アーティストたち、生成された音の装置や造形、奏でられる様々な音、さらにはその作品を体験する我々観客、同じ場にいるすべての存在へと共振の波は広がっていく。聴く人がいてこそ完成するライブの音楽がそこにはある。これは公共の美術館と鑑賞者の関係においても興味深い。
ちなみにこのプロジェクトは水戸のクリエーターの有志によって設立された「MeToo推進室」という団体と水戸芸術館の共催の事業となっており、市民団体と公共文化施設の関係のあり方としても注目に値する。近年、公共の美術館は地域の人々とどのような関係を築くべきかとよく問われるが、主催者としての美術館と作品をただ鑑賞するだけの観客という単純な状況を打開するENSEMBLESのような、アートセンターと地域の人々やアーティストが複雑に関わりながら作品が能動的につくられていく場の存在は意義深い。そして音楽、とくにライブの空間は、主催者と演奏者や観客が一緒になってつくっていくものなので、そういう意味で大友さんが音楽家として様々な状況を受け入れ、ある種即興的に大所帯のバンドのようにつくりあげたこのプロジェクトは
現代美術に関心のある方は必見の展覧会であり、演奏会であると思う。

そういえば屋外の噴水に設置された矢口克信による水を吐き出すラジオたちもなんだかボーナストラック
を発見したようで、思わず笑みをこぼしてしまう素敵な作品であった。

服部浩之(青森公立大学 国際芸術センター青森 学芸員)

a0142511_16363.jpg
a0142511_165061.jpg

[PR]

by midoriartcenter | 2011-01-07 01:14 | review
2011年 01月 02日
assistant展 「すなわち、言いかえれば」 @ radlab レビュー
あけましておめでとうございます。
久々の投稿が2011年最初の投稿になりました。昨年はかなり色んなところを訪問して、色んな方にお会いしたり、様々な状況を体験できたのですが、なかなかそれについてちゃんと考えたり、ことばにしたりできていなかったことを反省しています。やはりフィードバックって大切ですよね。ということで、自戒の念も込めて昨年末のレビューからスタートしてみます。

*************

ど年末の12月30日に京都のradlabにて開催中のassistant展「すなわち、言いかえれば」を見てきました。radlabは若手建築家ユニットRADが運営するスペースで、彼らの事務所と展示スペースが併設された空間で、3階建てのビルの3階にあります。京都市役所からも近く、京都の中心部に位置するという立地的にも恵まれた場所でした。展示スペース的にはMACとそんなにかわらない広さです。ただ、radlabは天井を抜いているので天高は圧倒的に高いです。

今回radlabを訪問した理由は3つほどあります。まずは、これまでartscape blogなどで調査報告してきたように面白い活動をしている場所や人はなるべく訪問し継続的に調査していきたいと思っていて、今回は注目していたRADのことが知りたかったことがひとつです。次に彼らは建築家で建築という視点から様々な展覧会などを企画しているのですが、その着目の仕方やアウトプットが興味深かったので、具体的にどんなことを考えているのか直接話を聞いてみたかったこと。そして最後に今回の展示がassistantのものであるということ。assistantとは山口でも一緒に仕事をしたことがあったし、昨年頭には青森のACACでもワークショップを一緒につくったりして、継続的にその活動を追っているアーティスト/建築家のひとりです。

a0142511_2211630.jpg


今回はなんとassistantの“回顧展/retrospective”と銘を打っていたこともあって、いったいどんなものになっているんだろうと興味津々で訪問したわけです。結論から述べると、これはひとの“ふるまい”を設計する行為で、assistant記念図書館とでもいえるプロジェクトです。決していわゆる展覧会ではなく、むしろ時間と空間を「ことば」と「行為」によって設計するというものでした。
確かにassistantのこれまでの活動が”回顧”されているのは間違いないのですが、全プロジェクトを鑑賞することはできないという、なんだかちょっともどかしさを感じさせる側面もあります。もう少し解説してみます。展示室にはなにかしらの「ことば」が記入されたカードで埋め尽くされた壁面と、不自然に大きな木製のボックス、1点の模型、観賞用の台と受付デスクが配置されています。展示物はこれで全てです。すると観客は当然壁にかけれらたカードの「ことば」を眺めはじめます。もちろん僕もそうしました。そのカードをよく見てみると、裏側にはタックシールが貼られており、図書分類のような数字が記入されています。この数字は表側の「ことば」に関するプロジェクトの実施時期を示しています。観客は気に入った「ことば」のカードをみつけたら、それを図書館の司書のような役割を担う受付に渡します。ちなみ受付はRADの川勝さんです。すると、川勝さんがそのカードに対応する作品(やそのことばにまつわるプロジェクトの資料)を奥から取り出してきてくれて、やっとことばではない「もの」に対面することができるという仕組みです。ちなみにそれぞれのカードに対応するものは、図面もあれば、模型もあって、音源のCDやDVDなどの映像資料もあったりします。最初に目に入った大きなボックスはCDやDVDを鑑賞するための部屋で、なんだかこのボックスがちょっと大袈裟で目立ってしまうのは気になるところでした。

非常に面白いと同時に、同じくらいもどかしいのは、assistantによってかなり意図的にぼくたち鑑賞者の振る舞いがデザインされているところです。ぼくらは作品の源泉となる彼らが紡いできたすごく個人的な「ことば」には自由にアクセスできるのだけれど、その反面数百枚のカードのなかからチョイスした「ことば」に対応するひとつの作品にしか出会えない。回顧展ということばに対してもつ先入観はここで見事に打ち砕かれます。

しかしながら一度でもassistantと一緒に仕事をしたことがある人ならお気づきでしょうが、彼らは本当に「ことば」から建築していく建築家なんです。だから彼らがスケッチブックに書き留めていた「ことば」を回顧することにより、assistantというユニットの活動を照射するというのはなかなか明快な試みなのかもしれません。
ちなみに、ここに並べられている「ことば」は特別なものでもないし、かなり個人的なフレーズも多くて、見る人によっては解せないこともいっぱいあるでしょう。しかし、このプロジェクトはある種の個人記念図書館。だから全く共感できない人はそもそも訪問する必要がないのかもしれない。彼らの活動を気にかけている人にしても全てに賛同する必要はなくて、ひとつでも気になったフレーズをみつけられればそれはとても素敵なことだし、そもそも「ことば」によって人の「行為」を設計するという彼らの刺激的な試みに注目したほうがよっぽど面白いと思います。そういう意味で、彼らは展覧会というフォーマットをより広範に解釈することにより、「ふるまい」を設計してしまったのは見事といえるでしょう。

ただ何点か疑問を持った点も挙げてみようかと思います。まず、入って左手に設置された模型です。これは週代わりでなにか1点作品を展示するということだったのですが、僕にはあまりしっくりきませんでした。川勝さんに聞いてもいまいちちゃんとした回答は帰ってこなかったし、そこにある必然性があまり感じられなかったです。それからスペース中央に陣取る不自然に大きなDVD観賞用のボックススペース。これも図面などの鑑賞台のとなりにポータブルのDVDプレーヤーを設置しておけば事足りたのではないかと思ってしまいました。僕としては、整然とことばのカードのみが壁面に設置されていた方が、「図書館」としても「振る舞いのデザイン」としてもより効果的だったように思います。その点はassistantのおふたりに聞いてみたいところです。

いずれにしてもRADの小さな空間を効果的に用いた刺激的なプロジェクトであったことは確かです。訪問できてほんとによかったです。これからも assistantとRADの活動には要注目です。展示期間外にも関わらずオープンしてくれた川勝さんどうもありがとうございました!次なるプロジェクトにも期待しております。

a0142511_2413369.jpg
↑右手の模型が週代わりで閉架書庫からでてくる資料です。そして正面のボックスがDVD等観賞用ブースです。少し仰々しいですよね。
a0142511_2414967.jpg
a0142511_2415730.jpg
↑資料鑑賞台です。この日は結構色んな方が鑑賞に来ていて、思わぬ方にも出会えました。
[PR]

by midoriartcenter | 2011-01-02 02:21 | review