カテゴリ:mac renovation( 2 )

2011年 10月 03日
MACのセルフリノベーション その2〜アクシデント
昨日10月1日はAIRS(エアーズ:ACACのボランティアさんたちが設立した市民団体です)が今年度助成金を獲得して実施するアートプロジェクト「再考現学[Re-Modernologio]AIRS project」のためのスペース大掃除に参加しました。その際に2tトラックで梨の木清掃工場という最終処分場にゴミ捨てにいったのですが、そのゴミ捨て場がすごかった。どこまで続くかわからない深い穴にゴミが捨てられていく。ちょっと臭いがこみ上げてきたりして、怖い場所でした。あそこにずっといるのはつらいなあという感じです。
ちなみにみんな手際が非常によくてたった2時間でお掃除が完了したため、僕はMACの壁塗りにそのままスライド作業。ホテ山居候の元大工こがわさんを呼び出して、掃除にきていたポニョと3人で壁塗り。しばらく順調だったのですが、突然アクシデントが。
天井の漆喰塗り実験をしていると、こぼれ落ちた漆喰が左目に直撃。もろにやられました。すぐに目を洗ったけれど、ひりひりするし目の前はぼやぼやで視界は霞みまくりなんです。ちょっとまずいなと思って県立病院の救急センターに行ったら、「角膜が一部溶けてます」と衝撃の診断。とりあえず洗浄して眼軟膏を塗ってもらって眼帯装着。「角膜は再生するから大丈夫です、月曜日に眼科にもういちどきてください」と告げられ帰宅。もう痛みとかはないから大丈夫だと思うけれど、ちょっと心配です。
ちなみに壁はこがわさんとポニョが非常にきれいにしあげてくれました。ありがとう。
そして病院に連れて行ってくれた山上くん、色々ありがとう!

a0142511_0342817.jpg
↑こがわさんは仕事が丁寧。

a0142511_0344355.jpg
↑本日病院に行ったら、もう眼帯外しても大丈夫といわれました。しかし3種類の目薬を一日3回注さなければなりません。しばらくはばい菌が入らないように気をつけなければならないようです。
みなさんも、作業の際は作業着とマスクとゴーグルを忘れずに。教訓ですね。
[PR]

by midoriartcenter | 2011-10-03 00:36 | mac renovation
2011年 10月 01日
MACのセルフリノベーション その1
プロジェクトスペースのリノベーションをはじめました。といってももちろん大工さんとかにお願いして大改修するなんて無理なので、自分たちでできることを少しずつやっていく感じです。大きく分けてポイントは2つです。

1)中途半端な位置にある電源を端に移動させることと、壁紙に無理矢理白ペンキをぬったり、コンパネを荒々しく立てただけの壁面を、漆喰塗りの平滑な白い壁面にすること。
2)バックヤードが全くなかったので、トイレへの前室に建具を入れることと、脱着可能な簡易間仕切り壁面を一面つくること。

この2点をワークショップ形式で進めています。全体の監修と建具や簡易間仕切り壁面の設計を弘前在住の同世代の建築家である蟻塚学さんにお願いしています。

まずは壁の補修&漆喰塗りについてレポートします。まあ壁くらい自分できれいにするのはオルタナティブスペースの基本ですよね。
これまではコンセントが床から50センチくらいの高さにあって展示の際に非常に目立ってしまって邪魔だったので、まずはこれを出来るかぎり下に持っていって端にまとめます。これは電気屋さんにお願いします。
a0142511_2482283.jpg

a0142511_2483646.jpg

a0142511_2484891.jpg

a0142511_249658.jpg
↑ちなみにコンセントの移動は電気屋さんだけど、コンパネを切って埋めたのは僕です。
a0142511_2584991.jpg


次にこのコンパネで覆った部分をパテで埋めて平滑面をつくります。
a0142511_2502826.jpg

a0142511_25038100.jpg
↑コテでパテを塗っていきます。パテは粉末を水で溶いたものです。誰でも簡単にできます。
a0142511_2504769.jpg

a0142511_2505748.jpg
↑パテ埋めしたあとはこんな感じ。

そして漆喰塗り。漆喰は素人でも壁紙の上からでも簡単に塗れてしまうという「うま〜くヌレール」という屋内用漆喰を用いました。
a0142511_2531388.jpg
a0142511_2532325.jpg
↑WSに参加してくれたポニョこと奥山さん。日大芸術学部出身だけあって壁塗りもうまかった。
a0142511_2533180.jpg
↑たまたまホテル山上に居候中のおじちゃんが元大工さんで、漆喰塗りが超うまかったです。ラッキーです。
ちなみに、みんな手際が良すぎて壁塗りワークショップに僕の出る幕はほとんどありませんでした。

ということで壁塗り第1弾は終了。まだまだ第2弾で仕上げ塗りをする必要があります。間仕切りと建具についてのレポートはまた次回。
[PR]

by midoriartcenter | 2011-10-01 03:03 | mac renovation