カテゴリ:talk( 5 )

2012年 02月 04日
【告知】snowscape moere 7
本日下記イベントに参加します~。本日4時から

======
冬のモエレ沼公園を舞台として毎年開催しているアートイベント
「SNOWSCAPE MOERE」の今年のテーマは、“再生する風景”。

国内外のアーティスト9組による展示と、
昨年開催して大人気だった冬の宿泊ワークショップ「ビバーク入門」、アートフォーラムなど
3日間の会期中にさまざまなイベントを開催します。

S-AIRからは、ニュージーランドの作家Tim Velingが展示で参加、
上海キュレーターのZoe Zhang Bingは、青森と東京のゲストスピーカーとともに、
2/4(土)のフォーラムに参加します。

ワークショップ、アートフォーラムは現在予約を受付中です。
みなさまのご予約をお待ちしております!

===========================
SNOWSCAPE MOERE 7 -再生する風景-

http://www.sapporo-park.or.jp/moere/ssm/2012/

○展示
開催日:2012年2月3日(金)~2月5日(日)
開催時間:11時~19時
参加作家:
熊澤桂子 / 澁谷俊彦 / ダム・ダン・ライ / 豊嶋秀樹 /
露口啓二+倉石信乃 / 中村絵美 / 西田秀己 / 渡辺行夫 / Tim Veling ほか

○アートフォーラム
「地域とアートプロジェクトの可能性」
開催日:2012年2月4日(土)
開催時間:16時~19時(開場は15:30)
ゲスト:服部 浩之、Zoe ZHANG Bing、豊嶋 秀樹
入場料金:500円(1ドリンク付き)

○ワークショップ
1.ビバーク入門
開催日2012年2月3日(金)
開催時間:20時~翌日8時
講師:児玉毅(冒険スキーヤー)
参加費:2,500円(要申込)
*食事、テント付き

2.アート爆走そりづくり
開催日:2012年2月4日(土)
開催時間:13時~15時30分
講師:河田雅文(アーティスト)
参加費:無料

http://www.sapporo-park.or.jp/moere/ssm/2012/

===========================

お申し込み:
snowscapemoere@gmail.comまで
お名前、参加人数、電話番号を記入してお申し込みください。
お問い合わせ:
モエレ沼公園管理事務所内 スノースケープモエレ実行委員会
TEL:011-790-1231 FAX:011-792-2595

===========================

SNOWSCAPE MOERE(スノースケープ・モエレ)とは・・・
モエレ沼公園がグランドオープンした2005年の冬から毎年開催し、
今回で7回目を迎える冬のアートイベントです。

彫刻家イサム・ノグチのデザインしたアートパークであるモエレ沼公園は、
冬になると雪に覆われ、あらたな景観を生み出します。
その美しい雪原を舞台として、毎年、アート、建築、音楽、ダンス、食など
様々なジャンルが交錯するイベントを開催しています。
[PR]

by midoriartcenter | 2012-02-04 14:05 | talk
2010年 12月 19日
MAC校外活動のおしらせ
久々に投稿です。
ありがたいことに最近色々イベントやトークなど呼んでいただいています。ということで最近の展覧会以外のMACの校外活動などをまとめてみました。
沖縄のイベントは終了してしまいましたが、artscapeウェブサイトにて後日詳細記事がアップされる予定です。


沖縄
【artscape開設15年記念企画:Dialogue Tour 2010】
MAC交流会@Maejima Art Center
2010年12月4日(土)
【第一部】
Midori Art Center (MAC)@ホテル山上プレゼンテーション 19:00〜
テーマ:「〈遊び〉と〈建築プロジェクト〉としてのMAC」
服部浩之(Midori Art Center)
【第2部】
対談;宮城潤×服部浩之 20:00〜
会場:前島アートセンター(おきなわ時間美術館)098-885-9371

概要はこちら>> http://artscape.jp/dialogue-tour2010/1223906_3388.html


山口
【キッチン2.0】
[生活の中の食とアート]
2010年 12月21日(火)
19:00 - 21:00
話す人:服部浩之(ACAC/青森MAC)、会田大也(YCAM/山口MAC)
参加費:無料
持ち物:食材(野菜 1個 : タマネギ一個とか、セロリ一本とか。)
小学校高学年以上(未成年は保護者同伴)

内容:食とアートについてのイントロダクションをした後に、食材を使った美味しい(?)ワークショップを行います。お楽しみに!
終わった後には、山口久しぶりの登場、MAC元住人の服部くんを囲む会も行います。

[MACドレッシングラボ]
あわせて、MAC子ども工作教室「ドレッシングラボ」を行います。こちらは、準備してある材料をつかって、オリジナルドレッシングを作る会です。振って作って、サラダを食べよう!

2010年 12月21日(火)
16:00 - 17:00
対象:子ども(保護者の方もご一緒に)
持ち物:
・ペットボトル
・深めの小皿(サラダ用)
・野菜ひとつ(キュウリ、トマト、だいこん、レタスのうち、どれか一本、または一個)
会場:Maemachi Art Center (MAC)


秋田
【The Art Conference】
「From mac to magical paths」

The art conference AKITA トークショウ
狩野哲郎 × 服部浩之(midori art center (MAC) / ACAC)

日 時:12/23 (火) 19:00-20:30
参加費:1000円/w1drink
会 場:cocolaboratory 川反中央ビル1F

project room sasao
での個展
「魔術的な小道/magical paths」関連企画。

美術作家 狩野哲郎氏と、
服部浩之氏(国際芸術センター青森学芸員/midori art center主宰)をお迎えし
昨年のmidori art centerでの個展から
今年2010年の韓国、青森、秋吉台、
そして秋田までの狩野氏の一連のレジデンスと展示についての話題を中心にお話を伺います。

要予約 sasao@cocolab.netまたは書籍販売まど枠まで。


青森
【AAALabo】
第一回
「アートのあさって」
2010年12月25日(土)午後7時~

トーク+できたてのA-FACTORY工房で作ったシードル+ガレッテリア・ダ・サスィーノのガレット
青森アートシーンの最先端で活躍する2人に、青森のいまと、あさってについて語っていただきます。

〔ゲスト〕高橋しげみ様(青森県立美術館学芸員)
      服部浩之様(国際芸術センター学芸員/MAC)

〔モデレーター〕 立木祥一郎(tecoLLC代表)

*定員 30名ほど
*参加費  3,000円前後を予定しております。(価格が決まり次第お知らせします!)
*ご予約・お問い合わせ
TEL : 017-752-1890
mail : koubou@jre-abc.co.jp
[PR]

by midoriartcenter | 2010-12-19 16:44 | talk
2010年 07月 14日
梅香堂のはなしを聞き、ナデガタの作品を見る夕べ
さて、久々のMACイベントです。
今回はartscapeという大日本印刷が運営するウェブサイトの編集部とのタイアップ的な企画です。
Dialogue Tour 2010という色んな地方で独自の活動を展開している人々をシャッフルし交流を活発化させ、新たな展開を巻き起こしちゃおうという感じのものです。
MACでは大阪で梅香堂というスペースを運営されている後々田寿徳さんをお呼びして、「キュレーター2.0──ロスジェネ世代のアート(仮)」というテーマで、お話しいただきます。これはartscape編集部さんからご呈示いただいたテーマです。要は現在の状況下では、「キュレーター」「アーティスト」「観客」「参加者」といった役割が、どんどん変化し簡単には区別できないような事態が生じてきていて、そんな世相のなかでどんな出来事をつくっていくことができるか、あるはどう楽しんでいくか。はたまた、どんな価値が生まれるのか。そんなことを「教育」、「公共圏」、「コミュニティ」などをキーワードにしつつ一緒に考えていきたいと思います。

そしてそんな状況をぴたりと先を行くようなプロジェクトを展開しているNadegata Instant Partyの3人をお招きして、彼らが水戸でつくった『学芸員Aの最後の仕事』の上映会もトーク終了後に開催したいと思います。

ということで、以下詳細です。みんな来てね!

梅香堂のはなしを聞き、ナデガタの作品を見る夕べ

7月18日15:30〜18:30

【第1部】15:30〜17:30
梅香堂のはなしを聞く!(artscape "Dialogue Tour 2010")
ゲスト:後々田寿徳(梅香堂)、鷲田めるろ(金沢21世紀美術館 / CAAK)、artscape編集部
ホスト:服部浩之(Midori Art Center)
テーマ:キュレーション2.0──ロスジェネ世代のアート(仮)
梅香堂URL:http://www.baikado.org/

【第2部】17:30〜18:30
ナデガタの作品を見る!(Nadegata Instant Party作品上映会)
ゲスト:Nadegata Instant Partyの3人

場所:Midori Art Center(MAC)@ホテル山上>> http://aomorimac.exblog.jp/
料金:無料
人数:先着25名くらいかな(申し込んでね)
申込先:はっとり(midoriartcenter(at)gmail.com)

【番外編】19:00〜 
打ち上げ(会場未定;人数次第です)

企画概要はこちらです。
http://artscape.jp/info/1216069_2951.html


24 OUR TELEVISION(展覧会):7/3〜7/19@国際芸術センター青森・ACAC
*EVENT FINAL:クロージングイベント「24 OUR TELEVISION 閉局式」:7月19日(月・祝)、17:00〜19:00 

【ゲスト略歴】
後々田寿徳
a0142511_16543674.jpgごごた・ひさのり/1962年生まれ。梅香堂主。名古屋芸術大学非常勤講師。法政大学大学院修了(社会学)。福井県立美術館、NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]学芸員、某大学学芸員課程専任講師などを経て、2009年より梅香堂を運営。おもな担当プロジェクト=「日本のポップ ──1960年代」(福井県立美術館、1992)、「世紀末マシーン・サーカス(SRL日本公演)」(ICC、1999)、「E.A.T. ──芸術と技術の実験」(ICC、2003)ほか。おもな論文=「多田寺木造十一面観音菩薩立像について」(福井県立若狭歴史民俗資料館紀要2、 1988)、「大阪博物場──〈楽園〉の盛衰」(2009)ほか。



鷲田めるろ
a0142511_16555341.jpgわしだ・めるろ/1973年生まれ。キュレーター。東京大学大学院修士課程修了(美術史学)。1999年より金沢21世紀美術館(2004年の開館までは建設事務局)勤務。2007年に5名のメンバーとともにCAAKを立ち上げ、現在ボードメンバー。参加、地域、コミュニティなどのテーマに関心を寄せながら、今後の美術と社会のあり方を模索中。特に伝統に対する態度の取り方が目下の個人的課題で、この半年は金沢の工芸に注目している。おもな担当プロジェクト=「金沢アートプラットホーム2008」(金沢21世紀美術館、2008)ほか。
[PR]

by midoriartcenter | 2010-07-14 16:16 | talk
2010年 02月 02日
福岡アジア美術館学芸課長の黒田雷児さんによるトークを緊急開催!!
2月6日(土)18:30より急遽トークイベントを開催することになりました。
ゲストは福岡アジア美術館の黒田雷児さん。
福岡アジア美術トリエンナーレや九州派など、アジ美を中心とした九州の動向についてご報告いただきます。

以下概要です。

第51回アート井戸端会議

「アジアトリエンナーレ、九州派、アジ美のことなど」
黒田雷児(福岡アジア美術館学芸課長)


福岡アジア美術館学芸課長 黒田雷児(別名黒ダライ児、などいろいろあり)さんの初めて青森訪問をつかまえて、イドバタでお話ししていただくことになりました。

日時:2010年02月06日(土)18:30-
会場:Midori Art Center (MAC)@ホテル山上
住所:青森市古川3-16-9 
e-mail: midoriartcenter@gmail.com
【主催】NPOアートコアあおもり(naca)http://art-core.net/
【共催】MAC

福岡のことあまり知らない人には、FT3 〈註:福岡アジア・トリエンナーレ〉、九州派、MCP、アジ美をまとめた、世界でただひとつのプレゼン。FT4のナマ画像モおまけにしましょう。

是非ご来場ください!!
といいつつ、MACは10人も入ったら満杯なので、お早めにどうぞ。
[PR]

by midoriartcenter | 2010-02-02 14:49 | talk
2010年 02月 01日
秋田にてthe art conference vol.4でトークします。
こんにちは、はっとりです。

2月4日(木)19時より秋田市のココラボラトリーさんで以下のイベントに参加させていただきます。
お時間ある方は是非おいでください。

以下、情報転載します。。。

The art conference - 今日のオルタナティブ -

The art conference では、今年もまた美術に関するトークショーやレクチャーなどを開催していきたい考えています。

今年第一弾のカンファレンスは、ココラボのような民間のアートスペースのあり方や、美術館との関係性についてなどが議論の対象となります。


【The art conference 2010!0204!】
 今日のオルタナティブ - 外からの視座と内の視座 -

日 時: 2010年2月4日(木)
     [開場]18:30
     [開演]19:00
     [終了]21:00
入場料:  1,000円
会 場:  トワル.rui(川反中央ビル3F)

《パネリスト》
 高橋瑞木(水戸芸術館/キュレーター)
 http://www.arttowermito.or.jp/blog/takahashi/
 http://www.tokyoartbeat.com/tablog/entries.ja/2006/09/post_61.html/

 服部浩之(ACAC国際芸術センター青森/キュレーター、Midori Art Center)
 
http://www.acac-aomori.jp/
 http://aomorimac.exblog.jp/9262060/

《モデレーター》
 笹尾千草(ココラボラトリー/主宰)

水戸芸術館での企画展『Beuys in Japan:ボイスがいた8日間』を終えられたばかりのキュレーター、高橋瑞木氏と、国際芸術センター青森のキュレーターでありながら、Midori Are Center(通称MAC)というアートスペースも平行して運営されている、服部浩之氏を迎え、芸術やオルタナティブスペースの可能性について、トークを行います。

*このトークは、ゲストの高橋氏が水戸芸術館で企画された、「今日のオルタナティブ」を受けて、秋田に場所を移してさらにディスカッションをし、「オルタナティブ」について再考しようというものです。The art conferenceとしましては、『大義的ではないこと』をキーワードに、モデレートしてみたいと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------------
The art conference : project room sasao × 書籍販売 まど枠 は多様なエデュケーションプログラムと関連書籍をご提供し、いかなる時代や場所をもしなやかに生きぬく重層的で柔軟な視点について一緒に考えてまいります。
------------------------------------------------------------------------------------------
●ご予約・お問い合わせは、ココラボラトリーまで。
 Tel&Fax/ 018-866-1559
 http://www.cocolab.net/

/http://theartconference-akita.blogspot.com
[PR]

by midoriartcenter | 2010-02-01 15:22 | talk