<   2010年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2010年 05月 30日
そろそろ新企画を始動
MAC blog久々に更新。
2010年度は青森学術文化振興財団さんから助成金をいただけることになり、いくつか新プロジェクトが実現できそうです。ということで今年度第1弾は現在青森公立大学国際芸術センター青森(ACAC)で滞在制作活動にいそしんでいるNadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)(以下「ナデガタ」または「NIP」)のみなさまをお招きしたいと思います。当面はACACでのプロジェクトに邁進する彼らですが、その関連で上映会やトークなどをMACで開催する予定です。詳細はそのうち公開します。

ということで、ナデガタはこんな人たちです。

Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)
a0142511_10591052.jpg
本末転倒型オフビートユニット。
2006年12月中崎透+山城大督+野田智子により結成。
口実化した目的を達成するために他者を誘い合わせ、ひとつの出来事をつくりあげる。
これまでのプロジェクトに、天井からぶら下がったバナナをとるために、訪れた観客を巻き込みギャラリーの床を70cm高くする「インストールパーティー」(TOTAN GALLERY、2007、東京)や、広島市吉島地区の住宅街にカップル限定のデートコースを作成する「ブギウギインストールデート」(旧中工場アートプロジェクト、2007、広島)、架空に想定した4ヶ月間のワークショップを、まるで実在したかのように10日間で作り上げたフィクションドキュメンタリー映画&エキシビション「パラレルスクール」(アーカス・スタジオ、2008、東京)、事前にネット上でコミュニケーションを図った人たちと「オフ会」的に出会い、総勢40名の素人ダンサーと共に一日でダンス公演を作り上げた「Offline Instant Dance」(Akasaka Art Flower 08、2008、東京)、実際の美術館を舞台に映画を製作し、舞台セットとしてコレクション展をプロデュースした「Reversible Collection」(水戸芸術館、2009、茨城)がある。
最新作「Closing Museum Opening Party」(練馬区立美術館、2010、東京)では、「一日で作る野外市民劇ワークショップ」という形式を用いて、美術館ひいては観客そのものを問い直した。
http://www.nadegatainstantparty.org


NIPプロフィール写真:(C)ANZAI

現在ACACにて実施中のプロジェクト《24 OUR TELEVISION》の特設ウェブサイトです。
http://24.nadegatainstantparty.org/

では、今後のMACのプロジェクトにもご注目ください。
[PR]

by midoriartcenter | 2010-05-30 11:03 | NIP