タグ:MOT Annual 2012 ( 1 ) タグの人気記事

2013年 01月 21日
「MOT Annual 2012 風が吹けば桶屋がもうかる」の田村友一郎の作品について
たまたま友人の会田大也くんからtwitter上での田村友一郎くんの作品評のリンクが送られてきて、なんだか僕が感じたこととだいぶ違ったし、その評を読んだうえでの僕らふたりのやりとりがちょっと面白かったので、それを公開してみようかなと思います。

MOT Annual 2012についてはこちら
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/140/

ちなみに、読んだのはこちらのリンクの田村友一郎に関する部分。twitterなのに長い文章を連続でつぶやいてて大変だなあと思いました。
2013年1月13日の投稿だと思うので、現在は遡るのが大変かもしれません。ちなみにtwitterで全部追うのはしんどかったので、僕は田村くんに関する部分しか読んでいないです。風桶展全体に対していっぱい発言されているみたいですね。
https://twitter.com/arazaru

前提として、今回のMOT Annual自体が結局「美術館という場所はどういう場所で、そこで展示をするとはどういうことか」を、問うているのではないかということが根本にあって、田村くんの作品はそれに対するリアクションとしての作品であると考えての以下のテキストです。テキストといってもメールのやりとりの抜粋なのでかなり荒いですが、ご容赦ください。

More
[PR]

by midoriartcenter | 2013-01-21 17:56 | review