タグ:review ( 7 ) タグの人気記事

2011年 12月 28日
少しくらい立ち止まってのんびりしてもいいと思う / We should stop and take a long rest...
あと4日で今年もおわりなんですね。ちょっと数ヶ月前のことを書いてみます。
Sorry, this time I only write in Japanese.
The text is about an artist, WATANABE Go. And I just hope the world flows slower and slower...


a0142511_3465445.jpg


今年の3月に渡辺郷くんという現在は東京在住で、もともとは福岡や北九州をベースに活動していたアーティストの個展をMACでやりました。彼はCCA北九州のわりと初期のスタジオメンバーで、若い時期から色んなところで活躍してた人でした。ほんとに日々の生活と作品の境界が曖昧な人で、でもどこかに笑いがあっていい作品をつくっています。
あまり細かいことはプライベートなことなので書きませんが、あるきっかけでサラリーマンをするようになってしばらくそちらに集中してたら、いつの間にやら展覧会とかプロジェクトの誘いが減っていっちゃったみたいです。自発的にガツガツやるタイプではなく、どこかに呼ばれたらそれに応じて日々の生活とリンクさせるかたちで作品を制作するので、そういう誘いがなくなると作品発表する機会がなくなってしまい、あっという間に4〜5年が過ぎてしまいました。それで昨年あたりから色々考えたようで、また作品つくって発表しようかなって思ったそうです。そんなわけで、とりあえず久々のリハビリを兼ねて青森でちょっと作品つくって発表してみようと、MACでの個展となったわけです。

結果全く作品の感じは鈍ってなくて、ほとんど即興ライブのような幻に近い儚いよい展覧会となりました。ぜひ郷くんには制作を続けてもらいたいです。どなたか展覧会に呼びませんか、彼を。絶対今の世の中でなにかするべき人だと思います。

それからもうひとつ言いたかったのは、近頃は変化のスピードがやたらとはやくなっている気がするということです。ちょっと動きを止めたり沈黙すると、すぐに忘れられてしまうような感じはなんだか恐ろしいなと思います。もう少しみんなゆっくりしてもいいんじゃないかな。甘いでしょうか。
たった10秒くらいで理解できた気分になるものや、多くの人が簡単に賛同してしまうようなものばかりがもてはやされている気がしてならないんだよね。関係ないかもしれないけれど、大阪市長に橋本さんが当選したのは、こういう流れを象徴しているんじゃないかなと思ったりします。とにかく異常なスピードでまくしたてて、早急な判断と変化を迫る。言動が極端だし、常に明解だからある種の爽快感はあるんだけど、ほんとにそんなに単純な感じでいいのだろうか。なんて思うのはマイノリティなのかな。

ということで、来年はじっくりゆっくり止まってみたいと思います。「分かりやすさ」と「善良さ」という鉄仮面と如何に向かいあうかです。

最後に郷くんの展示についてのハンドアウトより抜粋。

a0142511_3472967.jpg


ユーモアとアイロニーと笑い、その先にあるのは遠回りの世界

渡辺郷は作品のための作品、あるいはアートのための作品は決してつくらない。その作品は常にユーモアとアイロニーに溢れ、今現在彼の目の前にある状況を表象する行為である。ときには馬鹿らしいと思われることに真剣に取り組むその姿には、自嘲の想いと、世の中に対する静かではあるが的確な批判が透けて見えてきたりする。また、彼の作品の背景にはつねに「笑い」の要素がある。例えば今回青森に一週間滞在して制作した作品に《Flying pan》というビデオ作品がある。これはフライパンが宙を飛んでいる映像を繰り返し撮影し、ループにしただけのものだ。フライパンの英語標記が"frying pan"となることを知らずに、"flying pan"だと思い込んでいた経験をもとに、半分だじゃれのような感覚でつくった作品だ。また、《Drill Man》という作品は、ある壁面のコンセントから電源をとった電動ドリルで対面する壁に穴を穿とうとするのだが、ちょっとだけコードの長さが足らず、壁にむかうとドリルのコンセントが抜けてしまう。そこでプラグを付け足してもう一度挑戦するのだが、まだ届かずまた抜けてしまい、そこでまたプラグの先にプラグを付け足してはドリルを向けるという動作を繰り返している様子を記録した映像だ。当然延長コードを接続すれば、そこで目的は達成されるわけだが、敢えてプラグを増やして壁に近づくという滑稽な遠回りをして笑いを誘うのが渡辺なのだ。このちょっとした発想の転換ともうひとつ選択肢を発見する能力は、常に最短経路をたどる資本主義経済に支配された現在の世の中にこそ非常に重要なのではと思えてならない。
また、今回最大のインスタレーションとなる《After me the deluge》は、展覧会オープン前夜にMAC前の雪をかき集めて180㎝程の五角柱をつくり、そこにタイトルと同じメッセージを掘るのみの雪の彫刻である。この言葉を訳すと「あとは野となれ山となれ」または「私が去ったあとには洪水があるのみ」となる。これもまた「どうなろうが知ったことか」という強烈な自嘲とアートや社会に対するある種の諦観と希望が交錯するような複雑な状況をいい得ているともいえる。
これらの作品に対峙するあなたは理解不能と感じるのか、それとも笑いを誘われるのか、あるいは困惑するのだろうか。僕は今の世界にこそ、このような一見まったく不明瞭で判断しづらいものが本当に必要なのだと思う。世界はもっと曖昧でゆっくりまわってもよいのではと、渡辺の作品を見て再認したのだった。
服部浩之(MAC住人)

a0142511_347402.jpg

[PR]

by midoriartcenter | 2011-12-28 03:50 | Go WATANABE
2011年 12月 07日
110828/29 岩木山_お山参詣 / the 1st sunrise
夏のおわりに岩木山に登って初日の出を拝んだ。
快晴のすばらしい日。
真夏だけど、山頂はほんとに寒かった。
心引き締まる一日。

I walked up the mt. Iwaki to see the first sunrise.
The weather is so nice in cold air.


a0142511_0442026.jpg
a0142511_0443381.jpg
a0142511_0444855.jpg
a0142511_045432.jpg
a0142511_0451788.jpg
a0142511_0453314.jpg


そういえばホテル山上の日々を綴るホテヤマblogが立ち上がっています。
毎日更新されているので、是非みてください。
青森のdeep art spot.
http://hote-yama.com/

By the way, the hotel Yamagami started their own blog.
It's uploaded everyday.
You can see the days in the most deep contemporary art spot in Aomori.

http://hote-yama.com/
[PR]

by midoriartcenter | 2011-12-07 00:49 | MAC days
2011年 01月 15日
多田友充展_新聞掲載記事02 / an article about TD exhi._02
多田展に関する記事掲載第2弾は同じく東奥日報さんです。こちらは「アートの散歩道」という連載シリーズに寄稿させていただいた僕の展覧会紹介記事になります。この記事を読んで展覧会を見にきてくれたかたもちょくちょくいらっしゃいました。
MACの展覧会は鑑賞が予約制でなかなか入りづらいのかもしれないですが、今回は多くの人にご来場いただきました。ありがとうございます。予約制のいいところは確実に見にきてくれる方ひとりひとりとお話しができるところです。どんなかたがどういうところを楽しみにして見にきてくれたのかを伺うのはいいものです。また、MACのような見にきてくれる方との距離が近い小さなスペースにとってはこういう機会はとても重要なものだと思うのです。

Next post is the exhibition review. It's also published in Touou Nippo. I wrote a review of the show. A couple of people came to see the exhibition because of the article.
To see MAC exhibition, the audiences have to have an appointment. Perhaps it's not easy for people. But at this time, many people visiting us. Thank you. Benefits of appointment viewing is that we can talk directly with our audience. We can hear the motivation of the audience to come to see the show. And we can enjoy the conversation each other. I think it's very important point for this kind of small space like MAC.



ということで、以下掲載記事です。

***************
秋の終わりに色彩の散策を

本格的な冬に入る直前の青森では、少々曇りがちな白い空を背景にもみじや銀杏の木々が赤や黄色の豊かな色彩の葉を散らし、とても絵画的で美しい風景が広がっています。ということで、色彩のお話と絡めてMidori Art Center (以下MAC)にて現在開催中のドローイング展をご紹介します。
MAC は筆者が中心となって古川3丁目のホテル山上さんの一角をお借りして展開しているアートスペースです。変幻自在の小さな場所で、現在は青森学術文化振興財団さんの助成を受けて広島出身のアーティスト多田友充さんを招いての滞在制作展「僕、秋の終わりに豹になる。」を開催中です。多田さんは8月31日の来青以来約2ヶ月間青森市で生活をし、様々な人や物に出会い日々絵を描き、10月23日より制作した作品を公開する展覧会をスタートさせました。胡粉とチタニウムホワイトと膠を水で溶いてつくる白亜地という吸収性の下地塗料を合板の上に塗り、それをヤスリで磨いて鏡面のように仕上げドローイングのための下地を完成させ、その上に何百本もの水彩色鉛筆をもちいて即興的に絵を描いていきます。真っ白な下地の上には彼が青森で出会った様々なモチーフが豊かな色彩で描きつけられています。油絵のようにデッサンを繰り返し何層もの絵の具を塗り重ねていくのではなく、一発勝負で描きあげられていくドローイングの緊張感と繊細な線や色彩の調和は必見です。小さなスペースで常時オープンは難しいため、鑑賞は予約制になっています。鑑賞ご希望の方は、ご希望の日時などを midoriartcenter@gmail.comまでご連絡ください。会期は12月20日まで。
ちなみに新幹線開通に合わせて青森公立大学国際芸術センター青森では12月11日より「あおもり国際版画トリエンナーレ2010」が開催されます。こちらも版画のまち青森らしい素敵な展覧会になることでしょう。あわせて秋の終わりの芸術散策をお楽しみください。

服部浩之(青森公立大学国際芸術センター青森 学芸員 / MAC住人)

a0142511_16385813.jpg

↑2010年11月19日、東奥日報「アートの散歩道」掲載
[PR]

by midoriartcenter | 2011-01-15 16:41 | review
2011年 01月 15日
多田友充展_新聞掲載記事01 / an article about TD exhi._01
昨年の12月20日に終了した多田展のまとめ作業をしています。
まずは東奥日報さんにご取材いただいた記事です。簡単な紹介ですが、よくまとめていただいてありがたいです。ちゃんと展覧会を見にきてくれて、毎回ことばにしてくれている記者の大友さんに感謝です。

I am now collecting the articles about the Tomomitsu TADA exhibition, ended December 20 last year.
I uploaded an article published in the local newspaper Touou Nippou interview. It's brief, but good article. I appreciate for the reporter Ms. Otomo coming to see the show and writing about it.


a0142511_15515985.jpg

↑2010年11月3日、東奥日報文化欄に掲載
[PR]

by midoriartcenter | 2011-01-15 16:10 | review
2011年 01月 11日
多田友充展ハンドアウト / Tomomitsu TADA exhibition's houdout
12月20日に終了した多田友充展の際に作成したハンドアウトとそのテキストをご紹介します。彼の制作のスタンスの一端でも垣間みていただければと思います。

**************
ドローイング / 日々の些細な断片の集積

MAC滞在制作プロジェクト第三弾は広島出身の画家多田友充です。多田は約2ヶ月間青森に滞在し様々なドローイング作品の制作に取り組んできました。

彼は青森という普段とは異なった環境での生活を日々のんびりと楽しみながら、自身のペースを崩すことなく淡々と作品を生み出していきます。数百本の水彩色鉛筆を用い、紙や木材など種々の素材上に描きます。今回は胡粉とチタニウムホワイトを膠と温水で溶いてつくる白亜地を多くのドローイングの下地として採用しています。鏡面のように磨き上げられたものもあれば、刷毛で塗り付けた荒い下地を採用するものもあります。下地それぞれが異なった表情を持ち、さらにその上に瞬発的に描きつけられるドローイングは一回限りの緊張感と豊かな色彩による柔らかさを兼ね備えており、本当に素敵なものに仕上がっています。

多田にとって描くことは生活の一部であり、最もシンプルで本質的な行為です。彼は自身の多くの行為をドローイングと表現していますが、その言葉は彼の生き様を表象しているようにも感じます。
絵画のための習作やデッザンとしてのドローイングではなく、その場の空間や時間をライブで定着するドローイング。描き直しは出来ない緊迫感。その時々をよりダイレクトに画面に定着する手法。周囲にいるとなんだか手助けしてしまいたくなるような、ちょっと繊細で神経質な鋭さ。

毎日ホテル山上のご家族から美味しい夕食をいただき、「ごちそうさま」の感謝を小さな紙片に描いて食器返却の際に必ず添えていたことや、図書館で本を借りては気になったフレーズを写経のごとく書き残すこと、日々身の廻りで発見した状況を写真で切り取ってブログで公開すること、そんな日常行為が全て彼にとってはドローイングとなります。

作品の随所に散見される毎日の些細な出来事に目を向け、その背後にある無数のストーリーや多田が日々目にしている物事を眺めるのも一興かもしれません。

服部浩之(MAC住人)

a0142511_3194165.jpg

a0142511_3212223.jpg

[PR]

by midoriartcenter | 2011-01-11 03:21 | Tomomitsu TADA
2011年 01月 07日
『大友良英 アンサンブル ズ2010―共振』レビュー / "Yoshihide Otomo ENSEMBLES 2010" review
青森市文化会館が発行しているABOKという情報誌の仕事で、最近経験して印象に残っていた大友さんのENSEMBLESに関するエッセイを寄稿しました。せっかくなんでブログで紹介してみます。以下原稿です。
I wrote an essay about the exhibition " Yoshihide OTOMO / ENSEMBLES 2010" for the magazine "ABOK" published by Aomori Municipal Hall.

****************

音楽的展覧会という装置がつくる関係性

ここ数年ホワイトキューブと言われるような作品展示を目的とした空間に落とし込む作品にすると、その魅力が薄れてしまう表現をよく目にするが、つい最近その逆で、展示というフォーマットとは一見相性が悪そうにみえて、実際にはすごくしっくりくる音楽の展覧会に遭遇した。

それは、茨城県の水戸芸術館現代美術ギャラリーで11月30日からスタートした『大友良英 アンサンブルズ2010―共振』である。大友良英はターンテーブル奏者やギタリストとして演奏活動をするだけでなく、映画音楽なども手がける作曲家としても精力的に活動する音楽家である。その音楽家の大友良英がこの数年美術家などとのコラボレーションにより展示作品をつくり、美術館などで音の作品を発表するなど、さらにその活動の幅を広げているのだ。水戸では建築家や美術家、照明デザイナーなどとのコラボレーションにより大規模なサウンドインスタレーションを実現させていた。

余談だが、ACACではナデガタ・インスタント・パーティによる《24 OUR TELEVISION》の展覧会オープニング記念ライブに大友さんにご参加いただいたり、今回の水戸での展示にもナデガタの中崎透が参加アーティストとして参加するなどの縁があったりする。また、青森県出身の映画監督横浜聡子による《ウルトラ・ミラク
ル・ラブストーリー》の音楽を大友さんが手がけており、そのラストシーンがACACの森で撮影されていたりというつながりもあったりする。

本題に戻ろう。まず展示室に入ると無数のレコードプレーヤーが一直線に配置されている。本来プレーヤー上にあるべきはずのレコード盤は不在で、そのかわり鉄などの異素材が載せられたり、ちょっとした加工が施されたりしており、プレーヤー自体が音を出す仕組みになっている。その脇には、やはり少しだけ解体・加工されたピアノやドラムなどの打楽器が音を発する装置として設置されている。さらに先へ進むと何百ものポータブルCDプレーヤーが天井から吊り下げられていたり、ある部屋では半分解体されたピアノがひっくり返されて新たな装置として再構築されていたりと、本来は演奏するための楽器そのものが音響装置に転換されている。鑑賞者はその空間を移動すると、それらの音がランダムに重なり奏でる音響空間を体験することができる。大友さんは個々の音を発する装置や空間をコラボレーションする美術家たちと一緒につくり、バンドマスターの如く全体のディレクションをする。展示空間全体がひとつの音楽のアルバムを聞いているような感覚で非常に心地よい。
一方そのすぐ脇では中崎透がアンサンブルズ工作室と称し、ボランティアで関わる工作員たちと大量の使われなくなったカセットテープやレコード盤、産業廃棄物として出された廃物チップやケーブル類などを用いて摩訶不思議な空間を造形し、そこに大友による音を出す装置などが加わり、異色の場も併存していた。

これは音を用いた美術館での展示作品であることは間違いないのだが、大友のスタンスはまさにミュージシャンの演奏そのものなのだ。つまりバンドを編成して楽曲をつくり演奏するが如く、異なったジャンルの表現者たちを招いてひとつながりの音空間をつくりあげているのだ。その空間での体験はまさしく音楽的で、いわゆる美術作品では体験できないような時間の流れや、変化に富んだ空間を体験することができる。タイトルに付された「共振」ということばが本当にしっくりくる場で、音楽家大友良英とその参加アーティストたち、生成された音の装置や造形、奏でられる様々な音、さらにはその作品を体験する我々観客、同じ場にいるすべての存在へと共振の波は広がっていく。聴く人がいてこそ完成するライブの音楽がそこにはある。これは公共の美術館と鑑賞者の関係においても興味深い。
ちなみにこのプロジェクトは水戸のクリエーターの有志によって設立された「MeToo推進室」という団体と水戸芸術館の共催の事業となっており、市民団体と公共文化施設の関係のあり方としても注目に値する。近年、公共の美術館は地域の人々とどのような関係を築くべきかとよく問われるが、主催者としての美術館と作品をただ鑑賞するだけの観客という単純な状況を打開するENSEMBLESのような、アートセンターと地域の人々やアーティストが複雑に関わりながら作品が能動的につくられていく場の存在は意義深い。そして音楽、とくにライブの空間は、主催者と演奏者や観客が一緒になってつくっていくものなので、そういう意味で大友さんが音楽家として様々な状況を受け入れ、ある種即興的に大所帯のバンドのようにつくりあげたこのプロジェクトは
現代美術に関心のある方は必見の展覧会であり、演奏会であると思う。

そういえば屋外の噴水に設置された矢口克信による水を吐き出すラジオたちもなんだかボーナストラック
を発見したようで、思わず笑みをこぼしてしまう素敵な作品であった。

服部浩之(青森公立大学 国際芸術センター青森 学芸員)

a0142511_16363.jpg
a0142511_165061.jpg

[PR]

by midoriartcenter | 2011-01-07 01:14 | review
2011年 01月 02日
assistant展 「すなわち、言いかえれば」 @ radlab レビュー
あけましておめでとうございます。
久々の投稿が2011年最初の投稿になりました。昨年はかなり色んなところを訪問して、色んな方にお会いしたり、様々な状況を体験できたのですが、なかなかそれについてちゃんと考えたり、ことばにしたりできていなかったことを反省しています。やはりフィードバックって大切ですよね。ということで、自戒の念も込めて昨年末のレビューからスタートしてみます。

*************

ど年末の12月30日に京都のradlabにて開催中のassistant展「すなわち、言いかえれば」を見てきました。radlabは若手建築家ユニットRADが運営するスペースで、彼らの事務所と展示スペースが併設された空間で、3階建てのビルの3階にあります。京都市役所からも近く、京都の中心部に位置するという立地的にも恵まれた場所でした。展示スペース的にはMACとそんなにかわらない広さです。ただ、radlabは天井を抜いているので天高は圧倒的に高いです。

今回radlabを訪問した理由は3つほどあります。まずは、これまでartscape blogなどで調査報告してきたように面白い活動をしている場所や人はなるべく訪問し継続的に調査していきたいと思っていて、今回は注目していたRADのことが知りたかったことがひとつです。次に彼らは建築家で建築という視点から様々な展覧会などを企画しているのですが、その着目の仕方やアウトプットが興味深かったので、具体的にどんなことを考えているのか直接話を聞いてみたかったこと。そして最後に今回の展示がassistantのものであるということ。assistantとは山口でも一緒に仕事をしたことがあったし、昨年頭には青森のACACでもワークショップを一緒につくったりして、継続的にその活動を追っているアーティスト/建築家のひとりです。

a0142511_2211630.jpg


今回はなんとassistantの“回顧展/retrospective”と銘を打っていたこともあって、いったいどんなものになっているんだろうと興味津々で訪問したわけです。結論から述べると、これはひとの“ふるまい”を設計する行為で、assistant記念図書館とでもいえるプロジェクトです。決していわゆる展覧会ではなく、むしろ時間と空間を「ことば」と「行為」によって設計するというものでした。
確かにassistantのこれまでの活動が”回顧”されているのは間違いないのですが、全プロジェクトを鑑賞することはできないという、なんだかちょっともどかしさを感じさせる側面もあります。もう少し解説してみます。展示室にはなにかしらの「ことば」が記入されたカードで埋め尽くされた壁面と、不自然に大きな木製のボックス、1点の模型、観賞用の台と受付デスクが配置されています。展示物はこれで全てです。すると観客は当然壁にかけれらたカードの「ことば」を眺めはじめます。もちろん僕もそうしました。そのカードをよく見てみると、裏側にはタックシールが貼られており、図書分類のような数字が記入されています。この数字は表側の「ことば」に関するプロジェクトの実施時期を示しています。観客は気に入った「ことば」のカードをみつけたら、それを図書館の司書のような役割を担う受付に渡します。ちなみ受付はRADの川勝さんです。すると、川勝さんがそのカードに対応する作品(やそのことばにまつわるプロジェクトの資料)を奥から取り出してきてくれて、やっとことばではない「もの」に対面することができるという仕組みです。ちなみにそれぞれのカードに対応するものは、図面もあれば、模型もあって、音源のCDやDVDなどの映像資料もあったりします。最初に目に入った大きなボックスはCDやDVDを鑑賞するための部屋で、なんだかこのボックスがちょっと大袈裟で目立ってしまうのは気になるところでした。

非常に面白いと同時に、同じくらいもどかしいのは、assistantによってかなり意図的にぼくたち鑑賞者の振る舞いがデザインされているところです。ぼくらは作品の源泉となる彼らが紡いできたすごく個人的な「ことば」には自由にアクセスできるのだけれど、その反面数百枚のカードのなかからチョイスした「ことば」に対応するひとつの作品にしか出会えない。回顧展ということばに対してもつ先入観はここで見事に打ち砕かれます。

しかしながら一度でもassistantと一緒に仕事をしたことがある人ならお気づきでしょうが、彼らは本当に「ことば」から建築していく建築家なんです。だから彼らがスケッチブックに書き留めていた「ことば」を回顧することにより、assistantというユニットの活動を照射するというのはなかなか明快な試みなのかもしれません。
ちなみに、ここに並べられている「ことば」は特別なものでもないし、かなり個人的なフレーズも多くて、見る人によっては解せないこともいっぱいあるでしょう。しかし、このプロジェクトはある種の個人記念図書館。だから全く共感できない人はそもそも訪問する必要がないのかもしれない。彼らの活動を気にかけている人にしても全てに賛同する必要はなくて、ひとつでも気になったフレーズをみつけられればそれはとても素敵なことだし、そもそも「ことば」によって人の「行為」を設計するという彼らの刺激的な試みに注目したほうがよっぽど面白いと思います。そういう意味で、彼らは展覧会というフォーマットをより広範に解釈することにより、「ふるまい」を設計してしまったのは見事といえるでしょう。

ただ何点か疑問を持った点も挙げてみようかと思います。まず、入って左手に設置された模型です。これは週代わりでなにか1点作品を展示するということだったのですが、僕にはあまりしっくりきませんでした。川勝さんに聞いてもいまいちちゃんとした回答は帰ってこなかったし、そこにある必然性があまり感じられなかったです。それからスペース中央に陣取る不自然に大きなDVD観賞用のボックススペース。これも図面などの鑑賞台のとなりにポータブルのDVDプレーヤーを設置しておけば事足りたのではないかと思ってしまいました。僕としては、整然とことばのカードのみが壁面に設置されていた方が、「図書館」としても「振る舞いのデザイン」としてもより効果的だったように思います。その点はassistantのおふたりに聞いてみたいところです。

いずれにしてもRADの小さな空間を効果的に用いた刺激的なプロジェクトであったことは確かです。訪問できてほんとによかったです。これからも assistantとRADの活動には要注目です。展示期間外にも関わらずオープンしてくれた川勝さんどうもありがとうございました!次なるプロジェクトにも期待しております。

a0142511_2413369.jpg
↑右手の模型が週代わりで閉架書庫からでてくる資料です。そして正面のボックスがDVD等観賞用ブースです。少し仰々しいですよね。
a0142511_2414967.jpg
a0142511_2415730.jpg
↑資料鑑賞台です。この日は結構色んな方が鑑賞に来ていて、思わぬ方にも出会えました。
[PR]

by midoriartcenter | 2011-01-02 02:21 | review