2010年 10月 28日
ココイチでダイブドローイングする。
ひさびさ。
なかなかいいのできる。
嬉しい。
ココイチも久々。
思ったより安くない。
雨が降るから天気が悪い。
悪いはずだよ、雨が降る。

素敵プロレスラー辞典by吉田豪

ジョージ高野 じょーじたかの
53年生まれ。マスクもいいし練習は大好きだし足も長いし筋肉美も見事すぎるほどなのに、不幸にもガタイとプロレスセンスが致命的に足りなかった、永遠の未完の大器。生真面目すぎてどこかが完全にズレている不思議な性格がトンパチのレベルをはるかに超えていたため、新日所属時代には宇宙人呼ばわりされていたほどである(ちなみに同期の前田日明はUFOと呼ばれていたがジョージの酒乱ぶりも前田級)。なにしろ、竹ヤブ1億円騒動が起これば現場に1週間通い詰めて金を探したりするのだから、もう本物。ザ・コブラというマスクマンで大々的に売り出されて失敗した後、SWSやPWGを経て北海道でフロンティア・スピリット・レスリングなる団体を設立。ところが略称はFSWとなるはずなのにFSRにしてしまったり、パワーボムという店をつくったときも「BOMBだとボンブって読む人がいる」との強引な理由で最後のBを取ってしまったりと、ハーフなのに英語を勝手に捏造するセンスも、まさに宇宙人であろう。北海道で高校教師にシュートで敗北して以降、年間2〜3試合程度の活動を細々と続けている。インタビューでは同じ話を何度も繰り返し、どうってこともない話をオフレコだと言い張ったりするのも、やっぱり宇宙人と言うしかない。

高野俊二 たかのしゅんじ
64年生まれ。新日〜全日〜SWSを経てPWGを設立した2メートル男。現・高野拳磁。マスクもいいし身長もデカいしズバ抜けたプロレスセンスもあるのに、ほとんど練習しなかったため何度もブレイクし損なってきた、これまた永遠の未完の大器である。父親こそ違うが、ジョージ高野の実弟。兄弟仲が悪いためかつくづく好対照な2人だが、プロレス界で成功しない&配下の選手が次々といなくなるという致命的な共通点だけはあるようだ。弟はショーパブ出身ゆえなのか、広く浅い知識と広い交友関係の持ち主としても有名。それなら社会性は兄貴よりあるのかと思えば、コンビニで立ち読み中に「漫画、お好きですね」と店員に声を掛けられただけで激怒して店のほとんどの雑誌を破り捨てたりもするんだからタチが悪い。まあ、甲本ヒロトと釣りに行って人命救助をしたりと、いい話もあるにはあるんだが。ピザーラのCMや『リングの魂』出演、覆面を被ってのジャイアント・ドスカラスなどを経て、現在はVシネマなどで活動中。それでも、酔っ払うと「俺は新日本の高野だ!」と言い出すとのことである。いつの話だよ。



a0142511_02656.jpg



a0142511_0272148.jpg



a0142511_0274989.jpg



a0142511_0282155.jpg



a0142511_0291058.jpg

[PR]

by midoriartcenter | 2010-10-28 00:32 | Tomomitsu TADA


<< 特になし / None.      キャッチボール / Catch... >>