2010年 11月 25日
だいたい道子
ジャー道子さん。
エレガント道子さん。
津田道子さんは炊飯ジャーを持っても本来のエレガントさはこれっぽっちも損なわれません。
むしろエレガントさが増します。
炊飯ジャーwith道子さん。
恐るべしなのです。
是非今度お姿を拝見なさってください。
きっと僕の意見に賛成なさってくださると思います。
不肖ながら僕はそのお姿を今度かきたいと思っています。
僕とはアルカパ同盟です。
よしよし。
うむうむ。
そうなのです。
いいたいことはただ、だいたい道子ということです。
以上です。


男が水を流している ふるえながら 深夜
流している
水を流すのは 男の意志である
意志であるが 水に切れ目を付けることができないので
水の意志に従わされているともいえる
男は穢れたものを洗っているのである
落ちない 落ちない 落ちない
女の目には見えない穢れである
見えないものは
恐怖である
水の音は恐怖の音である
幻覚にとらわえた男に
とらわれてしまった
ということは
女の幻覚ではない
男は手を洗っている
幻覚を洗っている
洗いきれない
いつまで いつまで洗うのだろうか

「動かないで!」
女が動くと すべてまた 一からやり直さなければならない
女は身をちぢめ
しかし出口へと跳躍する筋肉と神経を
覚ましつづけながら
坐っている
男の目が世界の穢れとしての女を見る
「あああ動いてしまった!」
ふたたび水だ
ふたたび

男が強迫神経症になったので
暮らしは 水びたしである
この家も 出なければならないのだろうか
だが 今度は ひとりずつだ
大瓶よ
結婚の大瓶よ
しずかに割れておくれ
沈丁花よ
朝までに 枯れておくれ
だが 朝は来るのだろうか

高橋順子


a0142511_3283075.jpg



a0142511_329782.jpg



a0142511_3293218.jpg



a0142511_3301067.jpg



a0142511_3311183.jpg

[PR]

by midoriartcenter | 2010-11-25 03:37 | Tomomitsu TADA


<< アンジーと狩野くん      ぐふぐふ >>